セキスイハイム 断熱材

セキスイハイムの断熱材は大丈夫?

1年を通して快適で暮らしやすい家造りを求めるには、住まいの断熱性や気密性などの性能が重要になってきますし、断熱性能が高いということは当然省エネにも配慮した住まい造りにも繋がります。

 

 

 

セキスイハイムの家は高断熱・高気密でエネルギーを逃がさないため、冷暖房費の節約に繋がることをアピールされています。

 

 

 

今回はセキスイハイムの断熱材に注目してまとめてみました。

 

 

 

まず、セキスイハイムでは“グラスウール”といった断熱材が採用されています。

 

 

 

屋根や外壁部分に関しては、高性能グラスウールを採用されており、
工場で施工が行われ、細かく検査が行われるなど管理が徹底しているため、断熱材にズレや隙間などの不具合は起こりにくいと言われています。

 

 

 

そして、断熱材も重要ですが、熱損失係数(Q値)が気になる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

Q値はお住まいの地域にもよるのですが、寒冷地の場合このQ値の数値が1以下でないと、高い断熱性能は期待できないなどの目安となります。

 

 

 

 

セキスイハイムのQ値を調べてみたところ、公式サイトにはC値などの記載はあるのですが、このQ値に関してはふれられていませんでした。

 

 

 

 

それでも気になるという方は担当者に確認してみるといいです。

 

 

 

 

最後に、セキスイハイムの家の住み心地や冬場の寒さについても少しふれておこうと思います。

 

 

 

 

実際にハイムの家に住まれているオーナーさんの口コミによりますと、
ハイムの家は気密性が高いため床下蓄暖だけでも部屋が暖かいと感じるようです。

 

 

 

 

ただし、真冬日が何日か続いた深夜の時間帯はさすがに寒いと感じたようです。

 

 

 

セキスイハイムの坪単価と値引きのTOPへ戻る