住宅ローン 頭金

住宅ローンの頭金の必要性

住宅ローンは、住居の購入や改築の費用として利用するために用意された商品であり、銀行を中心として多くの金融機関が提供しています。人生の内で最も大きな買い物となる住居のための商品ということであり、他のローンと比較すると大型の商品が多いのが特徴です。

 

 

大型の商品という事は、返済しなければならない金額も多いという事です。長期的な返済が可能な条件設定がなされていますが、無理のない内容のものを選択しなくてはなりません。少しでも返済の負担を軽くするという事で効果的なのが、頭金と呼ばれる最初に支払うまとまった金額です。

 

 

住宅ローンに対して頭金が占める割合が大きくなるほど、後々の返済は楽になります。しかし、必ずしも頭金を大きくすれば良いというわけではありません。将来的な展望も含めてのトータルな判断が必要となります。

 

 

住居の価格は日々変動しているので、頭金が貯まるのを待っていては時期を逸してしまう可能性が生じます。頭金の相場は20パーセント等と言われていますが、常に正しいというわけではありません。

 

 

ただし、住宅ローンの中には融資限度額が住居の80パーセントまでに制限されているケースもあります。このような場合は、残りの金額は用意しなくてはならない事になります。状況により、また住宅ローンの内容によっても頭金の必要性は違ってきます。

 

 

頭金と似たイメージを与える言葉に、手付金があります。最初に支払う金額という事で同じような印象を受けてしまいますが、頭金と手付金とは違います。

 

 

手付金は売買契約時に支払う金額の事であり、契約が成立した事を示すための証拠金としての性格を持っています。手付金の手付とは、解約手付という意味でもあります。

 

 

手付金を払った後に買う側が解約した場合は返還される事はありませんが、契約解除を行う事が可能となります。手付金がない場合には、途中での解約が出来ない可能性もあるので、トラブルを回避するために重要な意味を持っています。

 

 

頭金は、将来の負担を減らすために支払う金額です。ただし、無理をすると現在の生活にダメージを及ぼす事もあります。現在と将来の両方を考えた上での適切な算出が必要となります。

 

 

頭金よりも重要な銀行の利息ですが、最初から1社に絞らずに

 

 

いくつかの銀行で、見積りを出してもらいましょう、たとえ0.5%の利息の違いでも、30年間となると結構な金額になりますので・・・。

 

 

セキスイハイムの坪単価と値引きのTOPへ戻る